《ソノノチノチ》出店のお知らせ

京都市役所前フリーマーケットに、2年ぶりに物販部「ソノノチノチ」が出店します。今回は、ゴミの減量やリユースをテーマにしたフリマということで、私たちも古布をリメイクした手作りグッズや、過去の衣装などを出品する予定です。
また、余ってしまった過去の公演チラシをぽち袋や、ブックカバーに活用できるアイデアもお伝えします。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね!

IMG_0979

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

京都市役所前フリーマーケット
「市役所前フリーマ」

日時 6月26日(日)10時〜15時半
会場 京都市役所前 広場

《藤原 客演情報!》てんこもり堂第8回公演「おぼろ おぼろ」

先日のダンス公演を経て、次は役者の藤原美保が、GWに京都の劇団「てんこもり堂」さんの公演に客演させて頂きます。

主宰のお二人(ふじもとさん、金さん)には、かねてよりお世話になっており、「さよならの絲」シリーズの際にはアフタートークにお招きしたこともある、お付き合いの深い劇団さんです。
おなじみの役者陣に加え、KAIKA劇団 会華*開可のべってぃこと渡邉くんや、みっちーこと高橋さん、そして中谷が個人的に注目している、立川 潤さんやアンドレNOZさんなども出演されていて、個性豊かなメンバーとそれぞれの役どころなどに、今から注目しています。

しかも今回、新入団員の方も入られたそうで、一層パワーアップしたてんこもり堂さんの公演、藤原も沢山の先輩方の中で試行錯誤の日々を送っているそうです。
どうぞみなさんお楽しみに!

——————————————
てんこもり堂 第8回公演
『おぼろおぼろ』
作・演出:ふじもとたかし
IMG_126720090982229

IMG_126725396430115

“兄の花嫁を募集します”
妹は兄を思い、兄は母を思う。
そして母は誰を思う?
家族を取り巻くすれ違いの喜劇。

公演日時:
2016年
4月29日(金・祝) 19:30
4月30日(土) 14:00/18:00
5月  1日(日) 11:00/15:00
*受付開始・開場は、開演の30分前

出演:
新田あけみ 松田裕一郎 渡邉裕史 高橋美智子 立川潤
アンドレNOZ 藤原美保(ソノノチ)冨田春菜 金乃梨子
ふじもとたかし

チケット料金:
一般前売2,000円
一般当日2,300円
学生前売1,800円
学生当日2,000円(要学生証)
三人券5,000円(前売りのみ)
*三人券はご家族やお友達など三人一緒のご観劇に大変お得です。是非ご利用下さい。

チケット取扱い:
●予約フォーム→https://www.quartet-online.net/ticket/tenkomori_oboro?m=0bfbjhj
●京都芸術センター チケット窓口(10:00~20:00)
●コワーキングスペース小脇(KAIKAのある江村ビル3F) 受付で直接購入できます(販売時間:平日10:00~18:00/臨時休業有)

会場:
KAIKA(京都市下京区岩戸山町440番地 江村ビル2F)
阪急「烏丸駅」23番出口、京都市営地下鉄「四条駅」6番出口から、南西へ徒歩8分。
※新町高辻交差点の北西角、1Fがファミリーマートの建物です。
※KAIKAには、駐車場・駐輪場がございません。お越しの際は公共の交通機関などをご利用ください。

お問い合わせ:てんこもり堂(きん)
TEL:090-9701-9962
MAIL:tenkomoridou@yahoo.co.jp

てんこもり堂ブログ:
http://tenkomoridou.at.webry.info/

企画・製作・主催:てんこもり堂
共催:NPO法人フリンジシアタープロジェクト
協力:鈴木翠 KAIKA劇団 会華*開可 ソノノチ 劇団水曜の家族
<京都芸術センター制作支援事業>
<supported by KAIKA>

お知らせ/4月からソノノチは、KAIKAのアソシエイトカンパニーになります。

中谷です。いつもサイトに訪問下さり、ありがとうございます。
ソノノチから、ひとつお知らせがあります。

というのは、4月1日からソノノチは、同じく京都の劇団しようよさんと共に、京都市下京区にあるKAIKAの実施している「改化プロジェクト」の一環として、KAIKAのアソシエイトカンパニーとして迎えて頂くことになりました。

★改化プロジェクトの詳細は、公式ページをご覧下さい
http://www.fringe-tp.net/kaika_kaikapj.html

アソシエイトって、「仲間」という意味だそうですね。
アソシエイトってどういうものかというと、私が劇団のモットーとしているのと同じように、演劇に関わる能力を職能として、「それで生きていく仲間」であり、作品を創る能力をもっと社会のいろんなところに活用して、世界を今より少しでも「豊かにしていく仲間」であり、そして沢山の人同士のつながりを大切にし、多くのお客様に永く愛されるカンパニーや環境を「一緒に作っていく仲間」、であるということです。

KAIKAは、ソノノチが旗揚げした当初より公演やワークショップでお世話になっている劇場の一つで、この改化プロジェクトが始まった当初から関わらせて頂いていたこともあり、こうして共に歴史を歩ませて頂けることをとても嬉しく思う半面、緊張感で背筋がすっと伸びるような、気持ちを新たにするような心地でもいます。

明日からいよいよ4月に入ります。これからもアソシエイトカンパニーの私たちと、KAIKA&改化プロジェクトを温かく応援して頂けますと幸いです!

 

3月12日のソノノキン

3月12日のソノノキン(ソノノチが行っている公開基礎稽古の日)は、「セルフマッサージをまなぶ&嘘をつくこと」というテーマで開催しました。

セルフマッサージは、自分で自分自身をマッサージすること。コリをほぐすことももちろん大切ですが、自分の身体の隅々まで触れてみることで、普段なかなか意識しない身体の先端や、裏側をきちんと意識してみよう、という試みです。

まずは簡単な自己紹介のあと、足の先から入念に揉んだりほぐしたり、さすったりしながら、手の届く範囲はすべてマッサージしていきました。
「足の先が温かくなった」「(マッサージしたところが)赤くなってきた」という声も上がっていました。(血行が良くなるので当たり前といえば当たり前ですが、忘れてしまいがちな事ってことでしょうか)
その後は、デスクワークに効くセルフマッサージをみんなで開発してみました!
パソコン作業などで長時間作業すると肩や腰に来るので、それを上手に伸ばしたり、ほぐしたりしてみます。特によく効いたのは、下の2つです。

写真 2016-03-12 19 06 10

写真 2016-03-12 19 13 46
ご存知でしたか?ソノノキンにはポイントカードがあるんです。一回の参加でスタンプを1個押しまして、スタンプを集めるとグッズプレゼントや公演ご招待などの特典がありますので、ぜひ続けて参加して頂ければと思います。次回もお待ちしています〜!

写真 2016-03-12 17 57 26

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回のソノノキン
「声を遊ぶ&チームでひとつの答えをだす(合意形成)」
4月2日(土) 14時~17時
会場:中京いきいき市民活動センター(会議室2)

参加費:1回 500円(全プログラム共通)
持ち物:動きやすい格好(ジャージ等)、タオル、水分
申込み:こちらのメールフォームから、氏名・連絡先・参加人数・参加したいプログラムを指定の上、お申し込みください。

2月27日ソノノキン

こんばんは。中谷です。
ソノノチが定期的に実施している、公開基礎稽古「ソノノキン」のレポートです。
※テーマ:ひたすら体幹トレーニング&相づちを考える

いつもソノノキンは、役者である藤原が担当する身体訓練のパートと、演出の中谷が担当する創作ワークショップのパートの、二部構成で行っています。
今回はフレッシュな大学生のお二人が参加してくださいましたよ!

まずは身体訓練のパート。すべての動きの大元とも言える、”身体の幹”の部分(首から下と腰の間の、胴体の部分)が体幹です。この部分をトレーニングすることはあらゆるスポーツや、もちろん舞台表現にも不可欠なことです。鍛えるのとそうでないのは何が違うのかって・・・、それはもう、ぱっと見ればわかるほどの違いが出ます。下半身・上半身はそれぞれ個別に鍛えやすいのですが、両者をつなぐ体幹の筋力は、意識的に鍛えないとなかなか育たない、と私自身は感じます。
なかなかハードなトレーニングのため、劇団員みんな写真を撮るのを忘れていました(笑)

後半は相づちをテーマに、ペアの片方が話しかけ、もう片方がひたすら相づちをうつ(例えば「うん」とか「ううん」といったような)という台本をつかって、登場人物のキャラクターや設定をつけることで相づちの見え方がどう変わるか見てみよう、というようなワークをしました。
台本を読むだけでなく、実際に動きながらやってみたり、くじでランダムに設定を決めたりすることで、台本(文字)を読んでいるだけでは思いつかない、思わぬ動きのアイデアや発言の仕方が飛び出してきて、発表会はとても盛り上がりました。

ほかにも以下のような、ボディワークもやりました。
なかなか味わい深いポーズです。あえて詳細はお伝えせずに・・・
何をしているのか、想像してみてください。

IMG_3030 IMG_3032

ソノノキンは、舞台作品を作るにあたっての、また人と人とがコミュニケーションするにあたってのポイントや課題について、参加者同士が一緒に考えたり、やってみたりするワークショップの場です。普段から演劇に関わられている方はもちろん、スタッフさんや未経験の方も大歓迎の日ですので、ぜひ気軽にご参加くださいね。

次回は3月12日(土)18時から21時、テーマは「セルフマッサージをまなぶ&嘘をつくこと」です。こちら、現在多数お申し込みをいただいており、定員が近づいていますので、参加をご希望の方は早めにお申し込みください!

お申し込みはこちらから

《公演情報》ココロからだンスW.S スタジオパフォーマンス #11のお知らせ

役者の藤原美保が出演させていただく、ダンス公演のお知らせです。

京都市東山青少年活動センターが主催する〈ココロからだンスW.S〉は今年で11年目を迎え、今回が最終回とのことです。ナビゲーターの佐藤健大郎さんのもと、初めて出会った仲間たちと4ヵ月間の集団創作に挑んでいます。

前回の一人芝居に続き、今度はダンス公演にチャレンジする藤原の勇姿を、ぜひ見届けてくださいませ!
まだどの回もお席あるようです。以下、公演情報です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ココロからだンスW.S
スタジオパフォーマンス  #11
『  MUTOPIA   -ミュートピア-  』

cocoro_omote_ver2

kokorokaradanze#11

昨年11月から始まった、ダンスワークショップの修了公演です。集まったメンバーでお互いを知ることから始め、お互いに影響し合いながら、このメンバーでしかできない作品を作り上げました。

[日時]
2016年
3月5日(土)14:00/18:00
3月6日(日)14:00
※受付・開場は開演の30分前です。
※入場は前売・予約の方が優先となります。

[チケット料金]
前売・予約   700円/当日   1000円
※当日券は、前売・予約で定員に達した場合販売しないことがあります。
※前売・予約は日時指定のうえ、公演日の2日前まで受付・販売いたします。
※全席自由席です。

[チケット予約・お問い合わせ]
TEL  075-541-0619
○平日     10時~21時(水曜休館)
○日祝日 10時~18時
E-mail  higashiyama@ys-kyoto.org
HP        http://ys-kyoto.org/higashiyama/

[会場]
京都市東山青少年活動センター 創造活動室
(京都市東山区東大路通五条上ル東山区総合庁舎北館2F)

●京阪「清水五条」駅より徒歩15分
五条通を東へ、東山五条交差点で東大路通を北へ
●京都駅より市バス206号系統「東山通・北大路バスターミナル」行「清水道」下車すぐ
●四条烏丸・四条河原町より市バス207号系統「清水寺・九条車庫」行「清水道」下車すぐ

《出演》
岩崎 果林
加藤 彩世
川本 泰斗
斎藤 浩一郎
杉本 奈月
高畠 伶奈
竹内 香織
仲谷 萌
橋岡 七海
藤原 美保
山野 博生

【ナビゲーター・スタッフ】
ナビゲーター 佐藤 健大郎
アシスタント 福井 幸代
川瀬 亜衣
舞台監督 北方 こだち(GEKKEN staff room)
照明          木内 ひとみ
音響          道野 友希菜
記録撮影  拝野 美月

主催:京都市/公益財団法人 京都市ユースサービス協会

◯HP:http://ys-kyoto.org/higashiyama/mutopia/
◯Facebook:https://www.facebook.com/higashiyama.higashiyaman
◯Twitter:https://twitter.com/yskyotohigashi

 

gateリターンズ2016終了しました

gateリターンズ、1人の「つながせのひび」終了しました。
ご来場頂きました皆様、ありがとうございました。
藤原の初めての一人芝居ということで、楽しみにしてくださった方も多かったようです。私自身も、一人の俳優にこんなに長く向き合い続ける作業は初めてで、不慣れながらも、やはり充実した時間でした。

今回は、「ひび」という女性が、亡くなったおばあちゃんの遺品整理に家を訪れ、そこでかつてプレゼントしてもらった一冊の絵本と再会するお話です。
ページを開くと、そこからは、愛おしい日々が溢れてきます。
絵本の物語とからんで、時にはおばあちゃんが、時にはひびの家で飼われるはずだった猫が、時にはひび本人が、かつての風景について語り始めます。
ひんやりとさみしくて、でも優しくて、冬がちょっとだけ好きになれるような、そんなお話です。

公演が終わったあと、あるお客さまに「ソノノチさんっていうのは、人の心を暖かくしてくれる、そんな劇団なのですね。」と言って頂いたことが、とても印象的でした。公演の過程や、また終演後お客さまとお話することで、お互いの仕事に対する課題点や今後作品づくりの上でもっとこうしていきたい、ということが見えたのもよかったです。

ほぼ1年後になりますが、今年の冬には、また優しい冬の物語をお届けしたいと思います。初めてのアートスペースでの本公演、どうぞお楽しみに。(中谷)

以下、記録写真です。※クリックすると大きいサイズでご覧いただけます。

20160122-02020160122-012 20160122-01820160122-011
20160122-006
20160122-014 20160122-022 20160122-026 20160122-011

写真:脇田 友

上演のあとは、演出の中谷が、短距離男道ミサイルの総合演出の澤野さんとアーティスト・トークをさせていただきました。言い訳がましいですが、音響操作ブースはマスクを常につけていないと、あっという間に喉がやられてしまうのです・・・。

20160122-036

 

本番直前!「gateリターンズ2016」

こんばんは。中谷です。
いよいよ今週末木曜日から、gateリターンズ2016が始まります。今日は舞台の仕込み(設営)があり、徐々に客席ができ、舞台ができ・・・何もなかった空間に劇空間が立ち上がっていくにつれ、さらに背筋がぴんと、伸びるような気がしてきました。

今回は、オランダで生まれた絵本を題材に、絵本がつなぐ人と物語の縁を、ファンタジックに描いた作品を上演します。俳優の藤原美保と、稽古場でじっくり向き合う1ヶ月間でした。賑やかさや派手さはありませんが、冬が今よりきっと、少し好きになれるようなお話です。ぜひそっと、お持ち帰りください。
ご一緒するのは、ベビー・ピーさんと短距離男道ミサイルさん。この2〜3年でいろいろなご縁を頂いている方々でして、またご一緒できるのがとても楽しみです。どちらも強度と見応えのある作品をつくられるカンパニーさんですので、初めての方にもぜひご覧頂きたいと思います。

以下、公演情報です。ご予約まだまだ受付中です。個人的に思うのと制作さんいわく、Peatixでの決済が大変便利です。ぜひご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1人の「つながせのひび」
脚本・演出:中谷和代
出演:藤原美保

※パイロット版シアターシリーズ『gateリターンズ2016』にて上演

_MG_9978
↑前回公演 6人の「これからの宇(そら)」より

■日時
1月21日(木)19:30 ☆(A)
1月22日(金)19:30 ☆(B)
1月23日(土)11:00(A)/16:30(B)
1月24日(日)11:00(B)/16:30(A)
☆終演後、ディレクターと参加団体とのアフタートーク行ないます。
(ソノノチはBチームです。開場は、開演の30分前です)

■参加団体
《Aプログラム》
したため(gate#11・リターンズ 参加)
Massachusetts(gateユース 参加)
ユニット美人(gate#2・#7・extra 参加)

《Bプログラム》
ソノノチ(gate#5 参加)
劇団 短距離男道ミサイル(gate#8 参加)
ベビー・ピー(gate#3・#8 参加)

■会場
KAIKA(京都市下京区岩戸山町440 江村ビル2F)

■料金
前売 1,700円/当日 2,000円
A・B両プログラムセット券 3,000円(日時指定・全席自由)

■チケット取り扱い
1)イープラスもしくはFamiポート
キーワード「ゲートリターンズ」で検索してください。
セット券は、イープラスでの取り扱いはございません。

2)Peatix
下記のリンクへアクセスした後、チケットを購入したいステージを選んでください。
http://gate2016-01211930.peatix.com/
(クレジットカード、コンビニ、ATMなどでお支払いできます(チケットレス))

3)劇団員の手売りでのお取り扱いも可能です。

前売り券ご購入後のキャンセルは出来かねますのでご了承ください
※本公演は当日精算によるご予約は承っておりません。

お問い合わせはメールフォームよりお願いいたします。

新年のご挨拶

2016年
新年、明けましておめでとうございます。

いつもサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

今年のソノノチの活動としましては、まず昨年初のツアーを行いました、ちいちゃんの一生の時間が、宇宙創成のカレンダーと並行していく近くて遠い世界の物語、「これからの宇(そら)」シリーズに引き続き、今年は「つながせのひび」という冬のお話のシリーズ公演と、イベント出演(試演会など)の予定が少しずつ決まってきました。
まずは1月21日〜の「gateリターンズ2016」を宜しくお願いします!

また、公演でない期間の公開通常稽古「ソノノキン」も引き続き月1〜3回程度のペースで定期的に行って行きます。その他、読み聞かせのイベントや、演劇ワークショップなども少しずつですがご依頼を頂けるようになってきまして、今年はあちこちに足を運ぶ予定です。ご縁をいただき、本当にありがとうございます。

社会人劇団から一人、飛び出すようなかたちでソノノチを旗揚げし、丸3年になりました。様々な方とのご縁や、この間頂いたお仕事のおかげで、劇団員共々何とかここまでやってこれましたが、今年は演劇との向き合い方を、じっくり考える一年にしようと思っています。また、自分にとって・ソノノチにとっての「表現」ってなんなのか、それを通して何を発信して行くのか。いくつかの輪郭をもう少しはっきりしたいですし、そろそろ集団としての姿勢が、つまり「あんたら、ほんまにやっていくんか?てか、やっていけんのか?」ということが問われる時期かとも思います。(心配されつつも、やっていく覚悟ですけどね!!)

これまでスタートダッシュで走り続けた3年間とは少し違って、今年からの3年間で、まわりの景色を見ながら走るくらいの余裕を身につけたいですね。
今年もとことこ、歩みをつづけるソノノチを、どうぞ宜しくお願いいたします。

追記>
ちなみに新入劇団員を、今年も募集します。(この1年で急成長した藤原に、可愛い後輩をつくってあげたいということもあり。)

代表 中谷和代

次回公演情報:1人の「つながせのひび」@gateリターンズ2016

1人の「つながせのひび」
脚本・演出:中谷和代
出演:藤原美保

※パイロット版シアターシリーズ『gateリターンズ2016』にて上演

ここ しばらくのあいだ
わたしたちは いろんなばしょで
ちいさいこどもに えほんのよみきかせをする
かつどうをしてきました。
そのことをとおして、えほんのなかにつまった
たからものみたいなせかいを そっと
えんげきにするほうほうを かんがえはじめました
たったひとりで はじめのいっぽをやってみます。

_MG_9978
↑前回公演 6人の「これからの宇(そら)」より

■日時
1月21日(木)19:30 ☆(A)
1月22日(金)19:30 ☆(B)
1月23日(土)11:00(A)/16:30(B)
1月24日(日)11:00(B)/16:30(A)
☆終演後、ディレクターと参加団体とのアフタートーク行ないます。
(ソノノチはBチームです。開場は、開演の30分前です)

■参加団体
《Aプログラム》
したため(gate#11・リターンズ 参加)
Massachusetts(gateユース 参加)
ユニット美人(gate#2・#7・extra 参加)

《Bプログラム》
ソノノチ(gate#5 参加)
劇団 短距離男道ミサイル(gate#8 参加)
ベビー・ピー(gate#3・#8 参加)

■会場
KAIKA(京都市下京区岩戸山町440 江村ビル2F)

■料金
前売 1,700円/当日 2,000円
A・B両プログラムセット券 3,000円(日時指定・全席自由)

■チケット取り扱い
1)イープラスもしくはFamiポート
キーワード「ゲートリターンズ」で検索してください。
セット券は、イープラスでの取り扱いはございません。

2)Peatix
下記のリンクへアクセスした後、チケットを購入したいステージを選んでください。
http://gate2016-01211930.peatix.com/
(クレジットカード、コンビニ、ATMなどでお支払いできます(チケットレス))

3)劇団員の手売りでのお取り扱いも可能です。

前売り券ご購入後のキャンセルは出来かねますのでご了承ください
※本公演は当日精算によるご予約は承っておりません。

お問い合わせはメールフォームよりお願いいたします。

Šî–{ CMYK